院長挨拶・経歴

さやま地域ケアクリニック院長 青山壽久

さやま地域ケアクリニックは平成30年1月に在宅医療を中心とする施設として開設し、更に平成30年7月から透析部門を開始しいたしました。
地域での「命と生活を支えるクリニック」を目指し、日々診療を行っております。

当院は、埼玉石心会病院とさやま総合クリニック・さやま腎クリニックと密に連携を取り、急な疾病や合併症に対しても即時に連携し診断、治療ができる環境を整えております。 石心会グループは発足以来、「断らない医療」「患者主体の医療」を理念として医療業務にかかわってきました。 その中で、高齢化社会における在宅医療や訪問看護の重要性を、早い段階で認識し、いち早く地域での在宅医療に取り組んでおりましたが、近年地域での在宅医療のニーズが高くなり、それに応えるべく、「さやま地域ケアクリニック」を立ち上げました。

私は「人は誰もがもっと生きたいと願いつづけるものである」と考えております。在宅医療はその人の命と生活を支えるものであり、その上で最期まで患者さんに付き添っていくという信念を基に、スタッフ一同日々努めていきたいと考えております。

経歴

  • 1976年 大阪医科大学 卒業
  •     同年 堀川病院 入職
  • 1986年 東京女子医大 消化器病センター研究生
  • 1988年 石心会狭山病院(現・埼玉石心会病院) 入職
  • 2018年 さやま地域ケアクリニック院長 就任

月刊コロンブス 2018年6月号 青山院長インタビュー記事